MOVEのステアリング交換 『エアーバッグ警告灯の壁♪』

"  MOVEのステアリング交換 "   2010年6月UP

  
エアーバッグモジュールとロータリーカプラーは使用不可になるので、外しちゃうんですが、そのままだと、
エアーバッグ警告灯が点いてしまいます。 この部分と同じだけの配線抵抗をかませれば、警告灯が点かずに、
エアーバッグを外せるハズです。 ・・・で、エアーバッグモジュール単体の抵抗値を測ってみました。
続いて、エアーバッグモジュール+ロータリーカプラーの抵抗を測りました。 結果は、両方とも同じ数値でした。

 
替わりに入れる物を探します。 試しにヒューズを測ってみると、全く同じ数値が!^^
カプラーに繋ぐ為に、先端をニッパーでカットして、形状を変えます。

 
幅を詰める為、一度左右の差込み部分を内側に曲げて、カットしました。
ヒューズを使おうかと思いましたが、たまたま転がっていた針金の抵抗を測ってみると、
何と、同じ数値ではないですか! 最初から測れば良かった・・・・。(^^;)

 
結局、こっちを使う事にして(ヒューズの加工は無意味になりました) 先をグラインダーで削って差し込みました。
これで、準備OKです!  

ドキドキしながら、バッテリーを繋いでイグニッションオンっ!!!

 
ハイ!、見事に警告灯、点きました!!!(笑) 何で?(ToT)
仕方が無いので、最後の手段として、警告灯の球を抜く事にしました。 やれやれ・・・^^;。

ちなみに、TAK♪はサーキットテスターを普段は導通テスター、もしくは電圧測定にしか使っていないので、抵抗の測定方法、
又、測定値が間違っている可能性は大いにあります♪(^^;) 間違ってたらゴメンなさい。(汗)

メーターパネルは、ダッシュボード上部のアーチの裏側にクリップがあるので、細いマイナスドライバーでこじって浮かせます。

 
あとは、抜くだけでオッケーです。 左右に1本づつあります。  驚く事にこの2本のクリップを外すだけで、あとは一切ネジを
外さなくても、メーターが外せます。  空調の吹き出し口もハマっているだけですので、引っ張れば簡単に外れます。

 
メーター上部のカバーも引っ張れば外れます。 メーター正面のパネルも引っ張れば外れます。

  
メーターもハマっているだけなので、簡単です。 コネクターを外せば、右画像のようにメーターAssyが外れます。

 
メーターAssyも全てハメ込み式なので、ツメを起こして、どんどんバラしていきます。

 
基盤が見えました。                             透明カバーも外します。

 
エアーバッグ警告灯はこの部分です。 バラして裏側から球が替えられると思ったら、黒い文字盤を外さないと外れないようです。
文字盤を外すには針を抜かないといけないのですが、あまりにも固いので、壊しそうだと思い、途中で止めました。

文字盤をめくり上げて確認しようと思いましたが、タコの針が邪魔で、めくれません。 ・・・で、タコの針を手で動かして、

 
めくってみました・・。 このハチの巣のような窪みの中にLED球が入ってるんです。 奥まっているので、よく見えませんが、
何となく、LEDチップ球のように見えます。 しかも、もしかしたらハンダ付けされてるかもしれません・・・(; ̄□ ̄)ナヌッ? 
文字盤をめくるのも、針が付いた状態では、ここまでが限界です。 球を外すのは諦めました・・・。(T-T )しくしく

さて、どうしたものか・・・? (;一_一)ゞ うーむ・・。  そこで、コレを使う事にしました!

 
コレの正体は、ウレタンフォーム(スポンジ)です♪ コレを警告灯の入っている窪みに入れて、
光を遮断してしまおうという訳です♪(笑) ← それでいいの? ホントにいいの?

確かに、警告灯は消えました(正確には消えたように見える)。 根本的な解決策にはなりませんが(笑)、
まあ、これでヨシとします。(いつもながら、いい加減だなー・・。^^;)

実際は警告灯が点いた状態なので、助手席のエアーバッグが上手く作動するかどうかが疑問ですが、
警告灯が点いた状態の車両でも、助手席のエアーバッグが開いたという事も聞いた事があるので、
実際に作動するかどうかは、ぶつかってみないと分かりません♪(爆)

『ウインカーキャンセラーの壁』に続く・・・。


Copyright (C) 2005 TAK's GARAGE All Rights Reserved